デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

デリケートゾーンの気になる臭い

  • HOME »
  • デリケートゾーンの気になる臭い

デリケートゾーンの気になる臭い


「日本人の奥ゆかしさ」から生まれたといえる「デリケートゾーン」という言葉。

しかし、「デリケート」なだけにかぶれやかゆみを起こしやすく、また様々な分泌物が存在するため「におい」に悩まされる女性も多い部位です。

デリケートゾーンのにおいは、実際にはそれほど酷くなくとも、本人にとっては深刻な問題となることがあるのです。

というのも、場所が場所だけに「ちょっとアナタのにおいと比べさせて」というわけにはもいかず、一人で悩みを抱え込んでしまうことが多いからです。

「すそわきが」という心無い言葉もありますが、実際には生きている人間で「デリケートゾーンが全くにおわない」という人間はいません。

「わきが」ではない人でも、デリケートゾーンとへそのゴマには多かれ少なかれにおいがあります。

その理由は、雑菌が繁殖しやすい部位だからです。

雑菌が栄養を取って繁殖すると、においを発する老廃物を排出します。

デリケートゾーンには、ショーツに付着したオリモノや尿、汗、垢、経血など、雑菌の得ようになるタンパク質が豊富な分泌物が存在します。

更にデリケートゾーンには、アポクリン汗腺が多くあります。

アポクリン汗腺から出る汗には、脂肪やアンモニアなどの雑菌にとっての栄養が多く含まれます。

この汗腺は腋の下やへそにも存在するため、わきがやへそのゴマのにおいの原因にもなっています。

そしてデリケートゾーンからの分泌物、いわゆる「オリモノ」には、「デーデルライン桿菌」という常在菌がいます。

この常在菌は乳酸菌の一種のため、健康な女性のオリモノはチーズなどの発酵した乳製品に似たにおいがします。

デリケートゾーンはこれらの「においの条件」を兼ね備えている部位であるため、誰でも多少のにおいはするのです。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.