デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

デリケートゾーンに潜む雑菌

  • HOME »
  • デリケートゾーンに潜む雑菌

デリケートゾーンに潜む雑菌


デリケートゾーンは、様々な雑菌の栄養になる分泌物が存在するために、においを発しやすい部位です。

そこに存在する雑菌には善玉菌・悪玉菌など様々な種類のものがあり、何らかの原因でそのバランスが崩れることで、細菌性膣炎などの症状が出ることがあります。

では、デリケートゾーンに存在する雑菌には、具体的にどのような種類のものがあるのでしょうか?

まず、膣内の常在菌として生息しているのが、デーデルライン桿菌というものです。

正しくは「デーデルライン乳酸桿菌」といい、その名のとおり乳酸菌の仲間です。

この名前は発見者の名前にちなんで付けられたものですが、実は特定の1種類の菌種を指すものではなく、「ラクトバシラス属」から構成されるさまざまな菌の集団を指しています。

デーデルライン桿菌は乳酸菌の仲間のため、乳酸を生成します。それにより、膣内のpHが酸性に保たれ、他の病原菌の侵入を防ぎ、いわばバリア機能としての役割を担っているといえます。

また、デリケートゾーンからの分泌物がチーズなどの発酵した乳製品のようなにおいがするのも、この菌が生成する乳酸による現象です。

しかし、体調が悪いときや生理周期、または薬の服用などが原因で、このバリア機能が低下してしまう場合があります。

そうすると、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌など、様々な雑菌が増殖しやすくなります。

これらの菌はいわゆる一般細菌と呼ばれています。

大腸菌はほとんどが無害な種類のものですが、中には病気の原因となる病原性のあるものもあります。

ブドウ球菌は、外部からの病原体の侵入を防ぐバリヤ機能を担う常在勤の仲間ですが、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、腐性ブドウ球菌の3種は、ヒトに対する病原性を持ち、様々な病気の原因となります。

デリケートゾーンが雑菌により炎症を起こした場合は、オリモノの量やにおい、更にはデリケートゾーンそのものに異常が出る場合があります。

異常を感じたら、婦人科を受診することをお勧めします。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.