デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

デーデルライン乳酸桿菌は女性の味方!?

  • HOME »
  • デーデルライン乳酸桿菌は女性の味方!?

デーデルライン乳酸桿菌は女性の味方!?


デーデルライン乳酸桿菌とは、女性の膣内に常在菌として生息している、その名の通り乳酸菌の一種です。

「グラム陽性桿菌」と呼ばれるもので、この名前は発見者にちなんで付けられました。

これは特定の種類の金の名前ではなく、主に「ラクトバシラス属」から構成されるさまざまな菌の集団を指します。

この菌が膣内で乳酸を生成しているため、膣内は酸性に保たれています。

「デリケートゾーン」と呼ばれることもあるくらい、皮膚が薄くて敏感な部位ですから、簡単に細菌感染を起こしてしまったら大変です。

また、膣のさらに奥には、子宮や卵巣などの生殖器もあります。

そのため、酸性に保つことで自らを細菌感染から守り、さらには大腸菌などの悪玉菌が過剰に繁殖するのを防いでいるのです。

つまり、デーデルライン桿菌はデリケートゾーンの自浄作用・バリア機能という役目を持った常在菌なのです。

デーデルライン桿菌は乳酸菌の仲間ですから、デリケートゾーンからの分泌物が下着に付いて時間が経つと、黄色っぽくなったり、発酵した乳製品のような酸っぱいようなにおいがすることもあります。

このにおいを「悪臭」「変なニオイ!病気かな?」と思う方もいると思いますが、これは正常なことですから、心配することは全くありません。

むしろ、2次元の女性を理想とする一部の男性が脳内で幻想するような「デリケートゾーンがバラのにおいがする女性」がいたら、そちらの方こそ「今まで知られていなかった新種の病気」かもしれません。直ちに婦人科を受診し、適切な処置を受けることをお勧めします。

ちなみに、テレビで「カンジダ膣炎が、ヨーグルトを塗ることで治せる」という情報が紹介されていたことがあったそうです。

確かにヨーグルトに含まれる乳酸菌もデーデルライン桿菌も乳酸菌の仲間なので、理屈上は「乳酸菌がカンジダ菌の増殖を抑えて症状もおさまる」というのも説得力はあるかもしれません。

しかし、あくまで「民間療法」ですから、その結果がどうなるかについては誰にも分からないし、責任も取れない、といったところでしょうか。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.