デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

気になるかゆみ

  • HOME »
  • 気になるかゆみ

気になるかゆみ


女性のデリケートゾーンには、デーデルライン桿菌という乳酸菌の仲間が生息して乳酸を生成しているため、この部位は誰でも発酵した乳製品、たとえばチーズやヨーグルトのようなにおいがします。

全くにおわない、ましてや「バラのにおいがする」女性は、通常はあまりいないでしょう。

しかし、健康な状態のデリケートゾーンは、分泌物ににおいはあっても「異臭」というほどのものではないです。

本当に「異臭」というべきにおい、たとえば「魚の腐ったようなにおい」などがするとなれば、それは病気の可能性もありますから、婦人科を受診したほうがいいでしょう。

そしてもう一つ、女性を悩ませるデリケートゾーンの症状が「かゆみ」です。

これも、かゆくなっても人前でかいたりはできないため、かなり気分は最悪ですよね。

デリケートゾーンがかゆくなる一番多い原因は、ナプキンや下着などによる蒸れによるものです。

湿度や温度の高い状態にあると、雑菌は繁殖しやすくなります。

常に衣類に覆われ、しかも湿度も温度も高いデリケートゾーンは、雑菌にとっては「楽園」というべき最高の環境なのです。

しかもデリケートゾーンには、雑菌の餌となる経血、オリモノ、尿などのタンパク質タップリの分泌物もあります。

特に夏場は蒸れやすく、この時期にデリケートゾーンのかゆみに悩まされる女性は非常に多いです。

また、雑菌が繁殖するわけですから、かゆみだけでなくニオイもきつくなり、更には黒ずみまで発生させてしまうという、女性にとってはたまらない状況となることもあります。

ほかにも、デリケートゾーンが痒くなる原因としては、毛じらみ、カンジダ膣炎などの病気、さらに高齢の方の場合にはページェット病という腫瘍が原因の場合もありますので、気になる場合には速やかに婦人科を受診することをお勧めします。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.