デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

デリケートゾーンのかゆみ解決策

  • HOME »
  • デリケートゾーンのかゆみ解決策

デリケートゾーンのかゆみ解決策


デリケートゾーンが痒くなるというのは、女性にとっては本当に最悪な状況です。

特に夏場は、誰にでも起こりうるトラブルのため、こんな状況から抜け出す解決方法はあるのか、誰もが気になるところでしょう。

そこで、少しでもデリケートゾーンのかゆみから解放されるような、有効な方法をいくつかご紹介しましょう。

まずは、デリケートゾーンの雑菌の繁殖しやすい環境である「高温多湿」の状態にしないことです。

そのため、まずは生理時のナプキンや、衣類の選び方を工夫しましょう。

生理中にデリケートゾーンが痒かゆくなる女性が多い理由は、裏面がビニール加工されたものが多く通気性が悪くなっていることが挙げられます。

経血を漏らさないための工夫なのですが、これによりデリケートゾーンがムレやすくなり、雑菌の繁殖を促し、かゆみの原因にもなってしまいます。

さらに生理中や排卵前日などには、オリモノの増えたデリケートゾーンは湿って柔らかくなり、皮膚とナプキンやおりものシートがこすれ、これまたかゆみが発生します。

これを防ぐためには、ナプキンやオリモノシートはあまり汚れていないときでもこまめに、おおむね2~3時間に一度くらいは交換しましょう。

最近は通気性の良い布ナプキンや、コットン素材のナプキンなども販売されているので、そういったものの活用もお勧めです。

また、ポリエステルやナイロン素材の下着も通気性が悪いので、可能な限り避けたほうが良いでしょう。

ストッキングやガードル、流行のスキニ-ジーンズなども、デリケートゾーンを締め付ける上に、通気を悪くします。

できるだけ身体を締め付ける衣服は避け、下着は通気性の良い綿素材などを選ぶようにしましょう。

そして、入浴時にデリケートゾーンを清潔にすることや、ストレスをためないこと、そして万が一感染症の疑いがあるときなどは速やかに婦人科を受診する事も大切です。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.