デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

淋菌感染症による臭い

  • HOME »
  • 淋菌感染症による臭い

淋菌感染症による臭い


性病の中でも、比較的名前を良く知られているものの一つです。

「淋病」と呼ばれることもあり、性行為などによる淋菌の感染によって起こります。

淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失いますが、それでも母子感染やタオルなどによる感染も報告されており、要注意な病気です。

感染すると、数時間から数日の潜伏期間と、比較的早く発症します。またデリケートゾーンの他に、喉や直腸に感染することもあります。

男性の場合は排尿時などに激しい痛みを伴ったり膿が出たりする尿道炎の症状が出ることが多いのですが、女性は数週間~数ヶ月間症状が無かったり、あっても軽いために見過ごされてしまうケースも多いので、注意が必要です。

女性の場合、粘り気のあるオリモノが増えたり、膣の出口が腫れたりすることもあります。

感染が広がって症状が進行すると、「骨盤腹膜炎」になり、発熱や強い下腹部痛などが現れ、将来的には卵管不妊や子宮外妊娠の原因になります。

この疾患も厄介な恐ろしい疾患ですが、女性の場合「オリモノのにおいや状態」では、感染の有無を判断することはできません。

治療は、放っておいても治ることはないため、抗生物質による治療が必要になります。

しかし・・・実は淋菌は、抗生物質の効かない「耐性菌」が増えていることが問題となっています。

そのため、飲み薬での治療では効果がないことも多く、その場合は点滴により治療しますが、感染が広がっている場合は入院が必要となることもあります。

また一度治っても、パートナーがいる場合は2人で治療をしないと「ピンポン感染」といって、お互いに治っては再発し・・・を繰り返してしまいます。

治療は、必ずパートナーと一緒に行いましょう。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.