デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

膣トリコモナス症による臭い

  • HOME »
  • 膣トリコモナス症による臭い

膣トリコモナス症による臭い


女性のおりもののにおいが変化する性病として最も有名なものの一つが、膣トリコモナス症という病気です。

この病気は、膣トリコモナスという原虫の感染によって起こります。「原虫」とはアメーバやゾウリムシのような単細胞生物のことです。

膣だけでなく、尿道や膀胱にも感染するため、尿道炎、膀胱炎、外陰炎なども併発することがあるなど、意外と厄介な疾患です。

しかも、感染経路が性行為だけではなく、衣類、タオル、浴槽縁などを介しての感染や、分娩時に母体から感染する産道感染もみられます。

そのため、決して数は多くはありませんが、性行為の経験のない子供や幼児が感染する場合もあります。

さらに厄介なことに、この疾患は多くの場合男性には症状が現れず、女性のみに不快な症状が現れます。

女性の場合、まずオリモノのにおいや状態の変化が現れます。膣トリコモナスにかかるとおりものは泡立ったようになり、悪臭がします。

この疾患にかかった女性のほとんどが、においがきつくなることによって感染に気づいています。

おそらく、このような病気が実際に存在することから、「デリケートゾーンがにおう女性は性病だ」という都市伝説が発生したのでしょう。

その他に、性交・排尿時の不快感、女性器のかゆみ・痛み・灼熱感、下腹部の痛みなどの症状が通常は10日くらいの潜伏期間を経て現れます。

恐ろしいことに、この病気にかかっている人はHIVの感染リスクが増加するといわれています。

そのため、きちんとした治療が必要です。

またこの疾患も、一度治ってもパートナーがいる場合は2人で治療をしないと「ピンポン感染」といって、お互いに治っては再発し・・・を繰り返してしまいます。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.