デリケートゾーンのかゆみやにおいを解決し、快適に過ごす方法です。デリケートゾーンの常在菌の役割から、オリモノの異常では分からない性病についてまで言及します。

外陰膣カンジダ症による臭い

  • HOME »
  • 外陰膣カンジダ症による臭い

外陰膣カンジダ症による臭い


「デリケートゾーンがにおう=性病」と決め付けられるものではないと説明しましたが、カンジダ膣炎は臭いというよりも、デリケートゾーンからの分泌物、いわゆるオリモノの状態に異常が出る病気です。

そもそも雑誌やインターネットからの情報からか、このカンジダ膣炎は「性病」だと思っている方が多いようですが、それも間違っています。

この病気の原因となる「カンジダ」という真菌(カビの仲間)は、実は常在菌、つまり私達の誰もが持っている菌なのです。

何度か説明してきましたが、女性のデリケートゾーンには善玉菌と悪玉菌の両方が住んでいて、通常は善玉菌のバリア機能が悪玉菌の働きを抑えています。

ところが、過労、ストレス、またはその他の原因により善玉菌のバリア機能が弱まると、悪玉菌が過剰に繁殖し、それにより不快な症状が出てしまうことがあります。

カンジダ菌も、過労やストレスの他、抗生物質を服用したり、清潔を心がけるあまり普通の石鹸でゴシゴシ洗ってしまうことなどにより、善玉菌の働きが弱まって発症します。

病原菌がカビの一種ですから、他人からうつることももちろんあります。

しかし、よく言う「性病」と違うため、銭湯などの公衆浴場でタオルや椅子、時には浴槽のヘリなどに座ることによってうつる場合もありますし、子供でも、幼児でもかかります。

この病気の症状は、においというよりも、かゆみと、乾いたヨーグルトやカッテージチーズのような白くてボソボソしたオリモノが多くなるのが特徴です。

このかゆみはかなり強烈で、夜も眠れないとか、かゆみで目が覚めるという人もいます。

人によっては、夏場になると症状が出る、またはひどくなるというパターンもあるそうです。

そして、なぜか自然に治ってしまうこともあります。

しかし、何度も再発を繰り返す場合もありますので、注意が必要です。

何度も繰り返す場合は婦人科を受診し、きちんと処置を受けた方がいいでしょう。

命に関わるような病気ではないとは言え、デリケートゾーンのかゆみは場所が場所だけに、できるだけ早く治したいですよね。

Copyright © 正しいデリケートエリアの消臭手順 All rights reserved.